海の豊かさを守ろう gyoppy!

回転ずしで最初に手に取るネタベスト10

海といのちの未来をつくる

回転ずしの写真

最初に食べることが多いネタ

サーモンのにぎりの写真

意外かもしれませんが、1位はサーモン(18.9%)なんです。
2位のマグロの赤身11.5%、3位のマグロの中トロ(7.5%)、9位のマグロの漬け・大トロ(各2.9%)を合わせれば、マグロが1位ともとれますが、それでもサーモン人気は圧倒的です。
「まずはビール」ならぬ、「まずはサーモン」!?

詳しくはこちら(PDFファイル)

よく食べているネタ。そしてシメ(最後)に食べるネタ

あぶりサーモンのにぎりの写真

ランキングでは「よく食べているネタ」、そして「シメに食べるネタ」でもサーモンがトップという結果が出ています。
「よく食べているネタ」は7年連続でトップ!
サーモンの人気がゆるぎないものになっていることがわかります。

回転ずしでよく使われているアトランティックサーモンは、ノルウェーやチリが主要生産国となっている「養殖」のサーモン。
もともとサケを生で食べる習慣は、日本でも外国でもありませんでした。
それを「生」で食べられるように「市場開拓」した結果、今ではすしの主要商材として、世界中に市場が広がっています。

にぎりずしとして生でサーモンを食べるようになったのは、今からわずか数十年前のことですから、すしネタとしては新参者です。

やっぱりみんなサーモンが大好き

鮭の写真

サーモンはノルウェーで約130万トン養殖されています(2017年)。ノルウェー政府は2050年までに、養殖のサーモンを500万トンに増やす計画で、現在、巨大な養殖生けすや、船そのものが大きな養殖場になる設備の実用化を進めているところなのです。
全長430メートル幅54メートルと、一隻で1万トンのサケの養殖が可能とされる設備も実用化され世界最長の船になるだろうといわれています。
ちなみに日本でのサケの水揚げ量は7万トン。
養殖ギンザケの数量は1.6万トンです(2017年)。

増肉係数って何?

一口に養殖と言っても、カキやワカメなどとは異なり、魚の養殖ではエサを与える必要があります。
サーモンの場合、体重を1kg増やすのに1.2kgのエサで済むのですが、豚は3kg、牛は8kg、クロマグロでは15kgのエサが必要と言われています。
これを増肉係数と言います。

増肉係数についての図

サーモンのエサには、約30%(魚粉20%+魚油10%)の魚由来の成分が含まれています。
最近は魚由来のエサの価格が、養殖の増加とともに上昇傾向となっているので、植物タンパクと油の利用も進められています。

近年、各方面でサステナビリティ(資源の持続可能性)の取り組みが行われています。
当然、エサとなる魚資源も持続性が必要という考えが広がってきました。アンチョビー(カタクチイワシ科の小魚)により、世界最大のエサ供給国であるペルーでは、漁獲可能量(TAC)を設定して漁船ごとにそれを配分する方法をとっています。
そして資源管理を実施しながら持続可能な漁業を目指しています。

大人も子どもも楽しめる回転ずし。
今では世界中に広がりつつあります。
いつまでもおいしいおすしが食べられるためにも、海といのちの未来を守っていきたいですね。

\ さっそくアクションしよう /

海や魚にまつわること、水産物の世界、魚の味わい方などについて知ることが、海の豊かさを守ることにつながります。

海といのちの未来をつくる(外部サイト)
https://umito.maruha-nichiro.co.jp/

海の関連ニュース

ABOUT US

Gyoppy! は、ひとりでも多くの人に、海と海にまつわる人、もの、ことに興味を持ってもらうこと、海の課題に関心を持ち、解決へのアクションを起こしてもらうことで、海の豊かさを次世代へつなぐことを目指します。

TOP