海の豊かさを守ろう gyoppy!

海森モリTV 第11話:我々が育てた小さな藻場が消失

海創造プロジェクト


日本が大好きで、日本語が堪能なイケメン外国人グループ「ASE BOUND」が、江の島の海に森をもどすために汗をかく番組「海森モリTV」の第11話です。

映像一覧
本文

「おはようございます。本日は2019年7月23日、火曜日。江の島に来ております。」

「ここはですね、エノスパ前は14ポットあったアマモが、7ポットに減ってしまいました。で、今日はどうなっているかというのを確認していきたいと思います。」

「晴れる日が少なくて、雨が多くて、気温も低かったので、それがどのようにアマモに影響しているかという心配事が1つ。あとは水温が上がってきてですね、アマモにとっては今は厳しい時期ですので、それがどのようにアマモに影響しているかという2つの心配がありながら、観察しに行ってきたいと思います。」

「で、すべてがうまくいっていれば、花枝(かし)と呼ばれる種が生えている時期ですので、その種を今日は、しっかり持って帰ってこれたら、最高の状況かと思います。」

「では、行ってきます。」


エノスパのアマモはどうなっているのでしょうか。


「とりあえず1個もないんですけど」

「え!!」

「あれだからかな、テトラポッドと言うか、石のが今までこれくらい出ていたとしたら、石がほとんど出てないんですよ。砂がどっかから来たんですよね、きっと。今までの半分も出てないので、埋まっちゃったんだと思います。残念ながらありません。」

「何となく、これは予想でもあるんですけど、今までアマモのところにあった砂がこっちにきて、僕が今いる浅場は全部砂があるんですよ。そのかわり、あっちの砂がなくなっちゃった感じがしました。」

「ということは、アマモは埋まっちゃったってことでいいですか?」

「埋まっちゃったんだと思います。いや埋まっちゃったのか......何とも言えないんですけど、要は今までアマモがあったところは、木のクズでいっぱいという感じです。」


西浦を調べます。


「28ポットの西浦に植えたアマモですが、コウイカが卵を産んで、先月その卵が孵化しているのも確認できました。で、この7月、順調に育っている28ポットのアマモが、どうなっているかを今から観察しに行きたいと思います。」

「今日はこの4Kカメラを搭載した水深100メートルまで潜れる水中ドローンも持ってきていますので、ダイバーの僕が観察に行く前に、この水中ドローンで見に行きたいと思います。」


なかなか藻場が見つかりません。

結局、水中撮影ロボットでは見つけることができませんでした。

「だいたい、この辺だと思うんですけどね」


(ダイバーの)佐藤さん、お願いします。


「残念ながら」

「え!!」

「この石ころだけ拾ってきました。」


「えー、今日は7月の定点観測にやってきましたが、エノスパ前の7ポットも、こちら西浦の28ポットも、すべて今日はなくなってしまっていました。」

「昨年11月に植えたので、8カ月間アマモがあったわけですが、今日でなくなってしまいましたが、今日は残念な結果ではあったんですけども、1年目としてはとても良い結果が残せたのではないか、と個人的には思います。どうもありがとうございました。」

コウイカが産卵し無事に孵化した小さな藻場

ヤドカリが住み着いていた藻場

すべてなくなってしまいました

でも負けません! 三代目アマモこれから始動します

次回、秋以降 3代目アマモ植えます

\ さっそくアクションしよう /

ひとりでも多くの人に、海のイマを知ってもらうことが、海の豊かさを守ることにつながります。

  • facebookでシェアする
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • Feedlyに登録する
  • noteに書く

海の関連ニュース

ABOUT US

Gyoppy! は、ひとりでも多くの人に、海と海にまつわる人、もの、ことに興味を持ってもらうこと、海の課題に関心を持ち、解決へのアクションを起こしてもらうことで、海の豊かさを次世代へつなぐことを目指します。

TOP