海の豊かさを守ろう gyoppy!

海森モリTV 第6話:2代目アマモちゃん8ポット50株を西浦漁港へ

海創造プロジェクト


日本が大好きで、日本語が堪能なイケメン外国人グループ「ASE BOUND」が、江の島の海に森をもどすために汗をかく番組「海森モリTV」の第6話です。

映像一覧
本文

2019年1月19日、ASE BOUNDのマーティンと、アレックスです。今日、アマモを植えに行くので、鹿島建設さんに取りに来ました。

(成長したアマモの様子)

今から、このアマモたちを西浦の海岸に持って行きたいと思います。

アマモが乾燥しないように、上にぬれてる新聞をのせます。

(アマモを車に積んで江の島へ)

(海岸で、アマモを植える準備)

1月19日、本日は8ポット、西浦の海岸にアマモを植えることになりました。

残りのアマモは波が来ないところに植えることになっています。

2代目アマモをよろしくお願いします。

実は、今日植えるアマモ、再チャレンジなんですね。

前回は水があったかい春に植えましたけれども、今回はアマモファーストということで、人間にとっては寒くて大変な時期ですけれども、透明度が上がり、水温も低い、この時期に再度アマモ優先で植えます。

(ダイバーが海の中にアマモを植える)

こないだと違うのは砂利。砂利もひいてなかったので、砂利もひいたから、もうちょっと砂地にある小さな日本庭園みたいな感じで、石も敷き詰められてベストを尽くした気がします。

こんにちはASE BOUNDです。今日は、ダイバーさんにアマモを海底の方に植えてもらいました。最初、研究室で数センチだけだったのに、アマモはもう50センチ以上超えました。

これからも2019年にどれだけ育つかを見るのがとても楽しみにしています。ありがとうございます。


\ さっそくアクションしよう /

ひとりでも多くの人に、海のイマを知ってもらうことが、海の豊かさを守ることにつながります。

  • facebookでシェアする
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • Feedlyに登録する
  • noteに書く

海の関連ニュース

ABOUT US

Gyoppy! は、ひとりでも多くの人に、海と海にまつわる人、もの、ことに興味を持ってもらうこと、海の課題に関心を持ち、解決へのアクションを起こしてもらうことで、海の豊かさを次世代へつなぐことを目指します。

TOP