海の豊かさを守ろう gyoppy!

「ここの学生は、成長ぶりが半端ない」いろんな人、ことが出会う小さな島の研究所【前編】

ミラツクジャーナル

シリーズ「未知の未来が生まれる出会い」は、(この記事の提供社である)ミラツク代表・西村勇哉がインタビュアーとなり、誰もがまだ知らないことを発見し人類の知を広げている研究者が持つ世界の見方・視点を伺うオリジナルコンテンツです。シリーズ1の沖縄科学技術大学院大学(OIST)と共に取り組む連載と並行し、全国の様々な分野の研究者にインタビューを行う全10回のシリーズ2を始めます。

第1回は、北海道大学大学院地球惑星科学地球惑星システム科学科の講師であり、NPO法人喜界島サンゴ礁科学研究所を立ち上げ理事長も務める渡邊剛さん。過去の地球環境を克明に記録するサンゴ礁の調査・研究を続けてきた渡邊さんは、2014年にサンゴ礁の聖地・喜界島(きかいじま)の廃校となった小学校に拠点としての研究所を立ち上げます。そして、「100年後に残す」をスローガンにサンゴ礁研究をベースにした教育・発信活動に積極的に取り組み続けています。

わずか7年で人口7,000人の喜界島の風土に馴染んだ研究所は、今では子どもや学生、ジャンルを越えた様々な研究者が集う場に。そのあり方は、サンゴ礁の持つ多様性にも似ています。渡邊さんの視線の先にある、サンゴと人のよりよい関係を探ります。

渡邊剛(わたなべつよし)

渡邊剛(わたなべつよし)

北海道大学大学院理学研究院地球惑星科学地球惑星システム科学科 講師/NPO法人喜界島サンゴ礁科学研究所理事長
横浜市生まれ。1994年、北海道大学理学部地質学鉱物学科卒業。同大学大学院地球環境科学院修士・博士課程修了後、サンゴ礁に記録される地球環境変動をテーマに、オーストラリア国立大学、フランス国立気候環境研究所、ドイツ・アーヘン工科大学地質研究所、ハワイ大学などで研究に従事。2014年より鹿児島県喜界島にNPO法人喜界島サンゴ礁科学研究所を立ち上げ、理事長に就任。

サンゴ礁の圧倒的な存在感に魅了されて

西村
まず、渡邊先生のこれまでの研究について、そもそもなぜサンゴの研究を始めたのかというところからお話をお伺いしたいと思います。
渡邊
はい。僕は、もともと生まれは横浜ですが、父親の勤務先の関係で九州を転々としていたせいか北への憧れがあって、「若者とバカ者は北を目指す」という法則を自らに課して北海道大学(以下、北大)に入りました。北大は1年次の成績と本人の希望で学部に振り分けられるんですが、僕は授業そっちのけで交流に力を入れていたから、本当は動物や生き物のことにすごく興味がありましたが、僕の成績では人気のある獣医学部や農学部は無理で、理学部の地質学鉱物学科に入ることになりました。
西村
なるほど。あれ、動物じゃないみたいな。
渡邊
そうなんですよ。一応、恐竜もあるけど化石ですからね(笑)。それで、担当教諭から「君は何がやりたいんだ? 動物か恐竜か?」と聞かれて、「研究者になりたい」と言ったら、「サンゴでどうだ?」と。
西村
突然出てきた! なんでサンゴなんですか?
渡邊
北大は前身の札幌農学校が開拓使仮学校として始まっているので、当時の日本領だった台湾に植民学(統治下での政策を研究する学問)を教えに行っている関係で、古くからサンゴの研究をしているんですね。僕は「若者とバカ者の法則」で北に来ちゃったけど、それを聞いて、「南もいいな」と思っちゃったんですよ。

しかし、最初の頃は雪が降りしきる北海道で何億年も前のサンゴ化石のサンプルを少しずつ磨いては観察し、写真に記録するのを繰り返す、初めに浮かんだ南のイメージとは全然違う毎日。それでも昔のサンゴがつくった化石を細部まで見ると、いろんな法則性があって、そこに魅力を感じていました。

初めて生きたサンゴを目にしたのは、大学院生時の夏に行った石垣島でした。そこで初めて見たサンゴ礁は圧倒的な存在感があり、「なんだこれは?」と......。いまだにうまく言葉にできないんですよ。
石垣島の海中に広がるサンゴ礁
草刈(執筆者)
どういう風景が見えてたんですか?
渡邊
見えたものといえばまずビーチが真っ白で、手に取るとみんなサンゴなんですよね。海に潜ると生きたサンゴが果てしなく広がっている。でも圧倒されたのは風景じゃないのかもしれない。自分自身で感じるものが大きくて、サンゴの深みにハマッていきました。

ちなみに、お金がないから海岸にテントを張って2か月生活していたんですが、そうすると台風が来るじゃないですか。見かねた警察や近隣の人が近くの民宿に「倉庫でいいからテントを張らせてくれ」と交渉してくれて、だったら「飯をやるから住み込みでこの宿で働け」みたいな展開になってね。
西村
はははは。
渡邊
そういう宿にはいろんな研究者が集まるんですよね。生物学者や人文系の考古学者、研究者だけじゃなくて水産関係の人も滞在しているので、夜になると飲むんですよ。言語が全く違うんだけど、メチャクチャ面白いので、「じゃあまた来年も来るか」とか、それぞれの大学に呼んでくれるようになりました。

だから、学位をとるまではそうやって楽しく過ごして、学位をとった後は客員研究員としてグレートバリアリーフのあるオーストラリアや、ポリネシアを抱えるフランス、ドイツ(ミクロネシアの広範囲や、サモアを領有していた)、ハワイなど、サンゴ研究の盛んな国の大学や研究期間を転々としました。

オーストラリアは2年くらい住みました。行ってみたら、大学は内陸の首都にあり、「海はどこだ?」みたいな感じでしたけど。その後、フランスやドイツの研究所にも行きますが、やっぱり研究の拠点は都市部にあるんですね。もちろん、フィールドワークではいろんな島々を回るんですけど、行ってもせいぜい1ヵ月くらいでまた戻ってくるということを繰り返していました。研究をやっている人たちは面白いし、分析に使う装置もかなり大型ですから、研究環境としてはとてもよい。研究も面白くて止められないんだけど、やればやるほどフィールドから遠くなることに疑問を感じ始めていました。それで「拠点をつくりたい」って思いが芽生えたんですね。
リトルケイマン島でのサンゴ化石の掘削調査

フィールドに研究拠点がないことが問題だ

西村
そこから今度は、喜界島に赴き、NPOを立ち上げて研究所(NPO法人喜界島サンゴ礁科学研究所)をつくられた経緯についても少し伺わせてください。
渡邊
はい。結局、研究を進めていく中で、研究者のフィールドと実際の拠点が違うことに違和感を感じたわけですが、とはいえ、フィールドがあるだけでは、こういう研究はできないんですよね。発展途上国では、美しいサンゴを研究するより、もっとお金になることを研究対象にします。素晴らしいサンゴ礁があるのに人々はそこを単なる魚が獲れる所としか思っていないから、爆弾でサンゴを破壊して魚を獲ったり、毒を使ったりする。だから、研究者も資料を採取した後の分析は、拠点に持ち帰ってからやるんです。

でも我々がフィールドワークをやる時は、どうしても地元の方々の協力が必要です。協力者がいないと国によってはうしろから鉄砲で撃たれることもあるし、船を出してくれないこともある。だから、フィールドワークは大体地元の協力者がいて、仲良くなったりするんだけど、その人自身はサンゴの面白さや楽しさを知らないし、大人がそうだと子どもたちにも伝わらないわけです。
オマーンでのフィールドワーク
渡邊
そういう違和感がどんどん溜まっていって、これはやっぱりフィールドにそういう拠点がないからだと思うようになりました。地元の方が単に教育不足だからというわけではなく、拠点がないことが問題なんだと。それで喜界島というサンゴ研究では聖地みたいな場所についに足を踏み入れたという。
西村
喜界島は、もともとフィールドとしては行かれていたんですか?
渡邊
喜界島は有名すぎて逆に行きませんでした。やはり研究者は誰も手をつけていない未知の所に行ってなんぼというか。僕はポスドク(博士研究員。博士号取得後に任期制の職に就いている研究者)時代も相当長かったし成果も必要だから、すでに先人が研究している場所は避けていました。あとちょっと怖かったし。
西村
すごい人いっぱいいるぞ、みたいな。
渡邊
喜界島のサンゴ礁についての論文もあるし、既に研究している人もいる。
西村
協力してくれる地域の人も被ったりしますよね。
渡邊
そうそう。だから自分に研究者としての自信ができた時に恐る恐る行ったし、残しておいたという感じもありますね。だから、喜界島に行ったのは、7年前なんですよ。そうしたらやっぱりすごかった。
西村
そうか。やっぱり聖地か、みたいな。
渡邊
聖地だと思いました。地上には10万年、8万年、6万年といういろいろな時代のサンゴがあるし(喜界島はサンゴ礁が隆起してできた)、海の中も丁度熱帯と温帯の間ぐらいのサンゴの種類が同時にいるし、「これはなんか全てが面白そうだな」と直感で思いましたね。
喜界島のサンゴ礁段丘(6万年前のサンゴ礁)

100年後に残すために、子どもたちに本物を感じてもらいたい

西村
喜界島サンゴ礁科学研究所が目指しているところも少し伺いたいんですが。7年前に研究所を立ち上げられた時に、どういう方向性の研究所にしようかということを決められたと思います。そこについてのお話を伺えますか。
渡邊
研究所を立ち上げるということは、フィールドワークから分析から、それを一緒に議論する人も必要だから、一人でできることには限りがあるな、ということは思っていました。何をどのくらいまで残せるのかということを考えた時に、まず、喜界島は既に自然と歴史が「残されている場所」だと思ったんですね。だから、それらをサンゴ研究の成果を含めて、100年後に残すということを考えました。10年後だと「そんな近況の話は関係ない」という反応になりがちだけど、「100年後」というと、直接の利益や利害がないので俯瞰的に見てくれるし、酒を飲みながら「100年後って夢があるじゃないか」という感じで乗ってきてくれたりする。
廃校を利用した喜界島サンゴ礁科学研究所
渡邊
では、どうやって100年後に残すかを考えた時に、やっぱり我々より確実に長生きするのは子どもたちだから、島の子どもたちにサンゴのことを教えたんですよ。すると、やっぱり子どもたちの感性はすごい。少し教えただけで、今まで石ころだと思っていたものを「これサンゴでしょ?」って研究所に走って持ってくる。
その時思ったのは、子どもたちには本物を見て感じてもらうことが必要だということ。その「本物」は、自然だけじゃなくて、我々みたいな研究者も本物として見せてあげることだと思ったんですね。喜界島には高校までしかないので、子どもたちは早くに島を出てしまうし、大学生にも滅多に会う機会がないですから
西村
確かに。
渡邊
そうやって、きっかけを与えるだけで、子どもたちが自分で吸収することがわかったので、今度は島の中だけじゃなくて、外からも集めようということになり、サイエンスキャンプを始めました。東京から来た子どもたちも初めは「ふーん」って斜に構えているけど、やっぱり順応力は素晴らしいもので、すぐに島の子どもたちと仲良くなるし、発表会もちゃんとやるんですよ。それを見る研究者も「そういうのは楽しそうだから」って自分でお金を出して海外から来てくれたりする。そうすると子どもたちも研究者ばりの発表をする。
サイエンスキャンプでサンゴ礁の調査を行う参加者
西村
ですよね。お互いにちょっとずつ刺激し合っているみたいな感じには見えます。ちゃんと見てくれる大人がいるとやる気が出ますよね。
渡邊
そうなんですよ。やりながら「あれ? もしかしてこれ教育か?」と思ったりして。ですから、研究所の理念は「研究」「教育」「普及」。実務的にはその3本柱で研究所を回しています。

島で本物の研究者であり続けるためには、常に発信する姿勢が必要

西村
僕が喜界島サンゴ礁科学研究所に出会ったきっかけは、Google検索なんです。サンゴが気になって調べていたら、日本サンゴ礁学会とNPO法人喜界島サンゴ礁科学研究所の二つに行きついて、そうしたら両方に渡邊先生の名前があった。丁度、シンポジウムの大会長をされていたんですよね?
渡邊
はい。北大でやったときですね。
西村
そうそう。それで渡邊先生に辿り着いたわけですが、見ていくと、発信に力を入れていることが伝わってきました。冊子もちゃんとつくっているし、イベントも単にやるだけじゃなくてゲストを呼んで来るところから、一つ一つの活動をちゃんとやっている。でも、みなさん研究者じゃないですか。NPO法人の立ち上げもまず研究者がベースになって運営されているので、なんでそんなにキッチリできているのかということは、一度聞いてみたかったことです。
サンゴ礁科学研究所のニュースレター『KIKAIREEFS』13号
渡邊
一つには100年後に残すというコンセプトがあるわけですが、一方で、地方に埋もれすぎて発信ができないことへの危惧があるわけです。島にいると、「小学校に来て今度は算数を教えてくれ」「英語も教えてくれ」とか、いろんな相談を受けます。なるほど、こうやって少しずつ疲れていくんだなという実感もあるんですよ。

でも、島の人たちが自分たちを受け入れてくれた背景を考えると、やっぱり何かしら自分たちとは「違うものを持っている」と思ってくれたからだと思います。だから、島で残り続けるには、本物の研究者であり続けることだし、どんなに小さな規模でも発信していかないといけない。だから、島から世界へ発信することはキープしたいことの一つです。

小さな島のNPOだからこそ、人が交わる場所になる

西村
研究所には運営を行うチームがいるんですか?
渡邊
いないですね。運営はど素人の僕や所長の山崎(九州大学大学院理学研究院で助教を務める山崎敦子氏)がなんとかやっている感じです。ただ、関わり方は様々で、僕みたいな大学関係者でボランティア的に参加する会員や大学生、大学院生がインターンとして来るパターン、あとは若干ですがサンゴ塾で少し授業料を払ってくれる人がいます。ただ、それだけでは回らないので、最近は島に住んで常駐でやってくれるスタッフが4、5名います。
西村
それがすごいなと思って。山崎さんも大学の教員ですし、渡邊先生ももちろんそうですし、研究者をやりながら研究所の運営も考えるとなると、結構頭の中がごちゃごちゃしてきませんか?
渡邊
ご覧のようにごっちゃになっていますね。だけど、それでやっていると、サイエンスキャンプでは大学生が小学校や中学生の面倒を見るような流れが出てきました。研究目的で島に来た学生が「僕、子どもの世話とか大好きです」と言ってくれたことに始まり、他の学生からも手伝いたいという声が出てきたので、それをきっかけにインターンシップ制度をつくったり、あとは、せっかく来た人がもう少しコミュニケーションできる場所があるといいねという声から、カフェができたり。
サンゴCAFE(新たに建設し、喜界島サンゴ礁科学研究所に併設)
渡邊
これまでお世話される側だった小中高生たちがいつの間にか大学生になってお世話をする側になり、その親たちもどんどん参加して、「こういう補助金があるぞ」みたいな助言をもらうこともあります。中には役場の人もいて「小学生用の便器だから、特に外国人はつらかろう」といって、トイレの改修予算をつけてくれたりね。全てが後付けですが、ただそうやって全てが回っているので......お金以外は回るような気がするんですね
西村
今は大学生も北大、九大(九州大学)、いろんな所から来ているわけですよね。
渡邊
そうですね。特に宣伝はしてないんですが、日大や立教大、ICU、秋田大、鹿児島大......いろんな所から来ていますよ。
西村
今おっしゃった中では、例えば秋田大やICUとかはサンゴの研究する場所はないですよね。
渡邊
ないですね。そういう人たちは、教育や観光、地方創生などに興味があるといって来るんです。「俺、その専門じゃないぞ」って初めは思っていたんですけど。
西村
一つはサンゴ礁の研究所としてのフィールドがあり、もう一つは地域、もしくは教育のフィールドで回っている感じですか?
渡邊
まさにそうだと思いますね。僕が最初のフィールドである石垣島で体験した時と同じようなことが今起こっていて、サンゴをバリバリ研究したい人と文系の方が一緒にいるわけです。
西村
面白いですね。文系だと結構そういうのはあるんですが、自然科学で、しかも地質学のような地域のことと遠そうな学問で、それが起こっていることがすごく面白い。
渡邊
そうなんですよ。僕からしたら、サンゴのお陰だなと思う。サンゴってやっぱり島をつくるし、そこには人間も住んでいる。フィールドとしては循環しているし。しかも小さい島なので、どうしても人が巡り会っちゃうっていうか。都会にいたらいろんな人がいっぱいいるから、研究者や教育をやりたい人が来てもあまり交わらないんだけど、小さい島だとお互い助け合わないと生きていけない。面白いなって思います。
西村
すごく面白いですね。大学院付属の研究所って、地元では「あそこはちょっと怖い」みたいな距離感があったりします。それが全くない。
渡邊
実は最初、研究所をつくるときに北大側で校舎を借りるという話もありましたが、やっぱりあるべき姿を考えた時に、いろんな大学や色んな種類の人間が関わった方がいいと思ったんですね。
研究所主催の喜界島でのトークイベント。喜界島から世界にも発信する
西村
もともと喜界島で研究をしていた研究者の方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、そういった人たちとも関わりはありますか?
渡邊
はい、もちろん。初めは気を遣いましたけど、皆さん大賛成してくれました。今現役の方も、あるいはもう引退された大御所の方も「やっぱりそういうのがあったらいいと思ってたんだよ」と言ってくれて、そこも初めの滑り出しがうまくいった一つの理由かなと思います。

やはり、研究者としては、フィールドワークだけして引き上げることに違和感を感じている人もいる。サンゴ研究所には宿泊施設もあるので、「そんな拠点があるんだったらぜひ協力させてくれ」みたいな感じですよね。
西村
すごくいろんな条件がうまく重なったんだなと思って。喜界島って泊まる所が少ないじゃないですか。先日喜界島を訪れたときも、山崎先生に泣きついて研究所に泊まらせてもらいましたけど、でも、その「泣きつくしかない」っていうことがいいんだなと、今思いましたね。
渡邊
その通りだと思いますね。あの宿泊施設は、もともとサイエンスキャンプに小学生の時から参加していた子たちの中から「移住したい」という声が聞かれるようになってつくったものでした。最初は半信半疑だったけど、すごく熱意があるから、「じゃあ滞在するところを用意せねば」というところからできたもの。
西村
なるほど。"ない"のが逆にいいんだ。
渡邊
そうなんですよ。あとは先ほど西村さんも話されましたけど、やっぱり地方に行くと大学附属の臨海実験所があって、やはり地元とは交わらないんですよね。
西村
そうそう。
渡邊
大学や大きな機関の附属研究所というのは、予算面ではすごくよくて、だからこそ半永久的に人材が確保できるし、施設が壊れれば直してくれるという利点はあると思うんですが、それだと人が交われないように感じてNPO法人にしたんですよね。
西村
NPOって、警戒しなくていい感じはしますよね。
渡邊
そうそう。ふんわりしているぞ、みたいなね。あと地元に埋もれたくないという思いがあったので、初めからまちに予算を申請することもしなかったんですよ。まあ、そういうことができたのは、僕らが「地質」出身で、最終的には「廃屋でも住める」という感覚があったからとも言えますが。
西村
ははは、なるほど。フィールドは自然だし、結構厳しい場所が多いっていうことですね。
渡邊
はい。砂漠の真ん中だったり海の真ん中だったりね。そこにマラリア原虫をもった蚊の大群が襲ってくるような所もあったので全然。喜界島と同じように隆起しているサンゴ礁の島でパプワニューギニアがありますが、そこは赤信号で止まると身ぐるみ剥がされたり、石を投げられるような世界でした。そういう意味では喜界島は平和で、少なくとも襲われることもないですから。

学生とともに成長していくことが自分へのリターンに

西村
ちなみに、渡邊先生は大学の研究者なので、別に喜界島に研究所をつくらなくても怒られはしないと思うんですよね。でも一方で、研究者だからこそできたということも言えますよね。例えば、先ほどの話にもあったように、いきなり行政の仕事をしなくても、しばらくは自分たちで回せてしまうところもある。

だから、本来はやらなくてもいいことだけど、やろうと思えばできるし、やったら面白かったと。研究者としては、これをやったことで何か自分に返ってきたものはあるのでしょうか?
渡邊
だいぶ返ってきていますよ。自分が一番楽しんでいますからね。
今言われたように大学の研究者だからできたというのも確かにそう。大学が他の研究所と何が違うかというと、常に若者が入ってくるところですよね。特に地質学や地球環境学はフィールドベースなので若い力が必要だし、地球環境はどんどん変わっていくので課題も変わります。そうすると、やっぱり若手を育てないといけないですよね。それは大学の使命の一つだと思うんです。そうすると自分も次々に新しいことに挑戦して行く必要がありますから、研究所をつくって若者と一緒にできているということは、自分にとっての成長にもつながることだと思います。

また、研究所に関わっている学生たちを見ていると、成長ぶりが半端ないわけです。普通、役場や漁協との打ち合わせに行く学生はなかなかいないと思いますが、島を拠点にしていると「今度は中学校で講演してくれ」とか、いろんなことが派生します。さらに先ほど言ったように違う分野から人がどんどん来ると、研究室あるいは大学で学んでいる学生よりもいろんなことを経験できます。

僕も大学在学中の「一番の成果は何か」っていったら、やっぱり人でした。今の大学のあり方を批判するわけではないんですが、大学としてちょっと大きくなりすぎているとも思う。
インターンの大学生が企画したサイエンスカフェイベント(喜界島にて開催)
西村
今のお話で思い出したのが、5年ぐらい前に母校の大阪大学で新しい取り組みが始まり、一般向けのシンポジウムで基調講演の機会をいただいたことがあります。母校だし出身地でもある、話すべきことは何だろう、といろいろ考えて、「大学が研究者たち共に、まちなかに研究所をつくるのはどうでしょうか」という話をしました。そうしたら、そこの部分はあまり取り上げてもらえなかった。それ以外のところが良かったという感想を聞いて、「そうかー、うまく伝わらなかったかなあ」と思ったことがあります。
渡邊
北大がいいなと思うのは、まちなかにあってススキノとも近いこと。大きな大学は多くが郊外に行くじゃないですか。九大しかり、それは学生にとって酷だなと思う。
西村
はい。広い場所も必要なので全員が丸ごと移る必要はないけど、小さな場所がいっぱいあるのはよいなと思います。
渡邊
今年は新型コロナの影響もあって本当にいろんな大学の学生や院生が「インターンをやらせてくれ」みたいな感じできました。やっぱり学生は交わりの中から学べることがあると思っている。
西村
今の時代は、わかっていることは調べればいいけど、わからないものへの出会いが少ないですよね。その点、現場にいると自動的にどんどん巻き込まれていくので、出会いが生まれやすい。
渡邊
その通りだと思いますね。初めから説明できることなら先生方もこれが面白いからやれと言えるけど、説明できませんから。巻き込まれる中で発見していく体験は、若ければ若いほどいいと思います。特に大学生は最後のチャンスかもしれない。
インターンの大学生が企画したサイエンスカフェイベント(喜界島にて開催)
この記事は、ミラツクが運営するメンバーシップ「ROOM」によって取材・制作されています。https://emerging-future.org/newblog/(外部サイト)
  • 執筆草刈朋子

\ さっそくアクションしよう /

ひとりでも多くの人に、海のイマを知ってもらうことが、海の豊かさを守ることにつながります。

  • facebookでシェアする
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • Feedlyに登録する
  • noteに書く

海の関連ニュース

ABOUT US

Gyoppy! は、ひとりでも多くの人に、海と海にまつわる人、もの、ことに興味を持ってもらうこと、海の課題に関心を持ち、解決へのアクションを起こしてもらうことで、海の豊かさを次世代へつなぐことを目指します。

TOP