海の豊かさを守ろう gyoppy!

ARUKUUUN! vol.1:横浜中華街の魅力を、街ぶら&ゴミ拾いしながら再発見

BLUE SHIP


街ぶら&ゴミ拾いをしながらその街の魅力を再発見するARUKUUUN!(あるくーん!)

海さくら代表・古澤純一郎と、俳優・多田直人が体当たりでお届けします!

第1回は、横浜スタジアム周辺から、元町・中華街の方へ。中華街では、ゴミ拾いのトングに匠の技で模様を掘ってもらったり、ご飯を食べながら食レポに挑戦してみたり、スター性を占ってもらったり......。

お店をめぐりながら、途中でゴミ拾いをする、楽しい1日の始まりです!

本文

「はじまりました、ARUKUUUN!(あるくーん!)。この番組はですね、いろんな街をゴミ拾い、そして食べ歩きなどをしながら、この街の魅力を再発見していこうという番組です」

「お相手は私、俳優をやっております多田直人です。そして......」

「海さくら、江ノ島の神奈川県で目指せ日本一楽しいゴミ拾いやっています、海さくら代表の古澤です」

「よろしくお願いします」

「今日は、横浜スタジアム周辺から、元町・中華街の方へ歩いていきたいと思います」

「おいしいものを途中で食べたりしてね」

「そうですね、いろんなお店めぐりたいですね」

「では、古澤さん行きましょう、号令お願いします!」

「わかりました。Let's ARUKUUUN!」


「スタジアム周りは、キレイだね」

「1回目からゴミをあまり拾えないっていう可能性もありますけど......」

「良いことだよね」

「全然いいです。それはそれで、僕ら本望ですから」

「これ危ないじゃない。これ、直人がこの前食べたやつじゃないの?」

「何で僕のゴミが......でも、ゴミっていうのは回り回ってね、いきますから」

「ヤラセのように大きいビニール袋が普通に落ちてましたね」

「ここで試合見るとね、海風がすごく気持ちいいのよ。それでビール飲みながら野球観戦」

「プロ野球も開幕しましたからね」


「あ、またタバコのフィルター。さっきと同じ種類。フィルターがね、排水溝に落ちたら海に行っちゃうんだよね」

「やはり、タバコが多いですね」


「こうやって川のせせらぎをね、眺めながらゴミ拾いするっていうのもいいじゃないですか。マイペースで行きましょう」


「さあ来ました。ここが中華街です」

「ありますね」「飴玉の袋?」「そうですね、何かガムの」

「海には、タバコのフィルターとか飴玉の袋とかが、排水溝に落ちてね、たくさん流れてくる。やっぱり、たくさんあるもんね」

「ありますね」

「街がキレイにならないと、海がキレイにならないっていうね」

「またフィルター、フィルターばっかりだな」


「行きます? 世界チャンピオン」

「ちょっと行ってみましょうか」


「こんにちは、世界一という看板を掲げられているんですけど、その看板に偽りはないですか?」

「はい、正しいです」

「オススメはどれですか?」

「やっぱり看板にもなっている世界チャンピオンの肉まんです」

「もうね、まず熱々なの!」

「おいしい!」「うまっ!」

「具がたくさん入ってて」

「確かに何か味も濃い気がしますね」

「ここのお店の名前は?」

「皇朝という名前です」

「おいしかった。ありがとうございます!」


「今から、こちらのお店で、このトングに掘ってもらいましょう」

「何ということでしょう。シンプルなブルートングが匠の手によって、かっこいいブルートングに生まれ変わりました」


「直人、お腹へった」

「お腹へりましたね」

「あれ古澤さん、ここどうですか?」

「海の源?」

「まさに我々にうってつけのお店なんじゃないでしょうか?」

「海の源、酒の家。まさに俺らの店だ」

「お腹へったんで、ご飯食べましょう」


「ここの海源酒家さんのオススメは何ですか?」

「小籠包がけっこう人気あります。北京ダックも、けっこう美味しいって評判です」

「来ました、エビチリです」「いただきます」

「プリッとしてるね」「出た、エビの食レポの王道」


「横浜スタジアムからここまで、どうだった? ゴミ拾い」

「さすがにスタジアム周辺はキレイでしたね」

「でもやっぱり花壇とか、公園を一歩出た道路ですか。そういう所には、タバコのフィルターが多かったですね」

「中華街も目に見えているところには、あまり落ちてないんですけど、道の端っことか、そういう所にやっぱり細かいゴミが落ちてますね」


「小籠包が来ました。上の段がカニ、下の段が豚です。早速いただきます」

「熱いから、気をつけてね」


「北京ダック来ました。あー、おいしそう。いただきます」

「おいしいです。食レポって難しいですね」


「食べてる間にどうやら、降ってた雨もやみましたので、もうちょっとだけゴミ拾いしていきましょう」

「ちょっと裏通り行ってみる?」

「うわ、やばい。タバコの宝庫だ。片付けちゃおう」

「これ、飴玉の袋。これが海に多いのよ。すごく多いの飴玉の袋と、タバコのフィルター。こうやって街でちょっとでも拾うと海に行かないから」


「ちょっと占い行ってみる?」

鑑定中......

「すごいオーラを持ってる人とか、ぼく俳優ですけど、スター性のある人ってのは、パッと見ただけで分かるんですって、でも僕の手を見て『中』だと」


「さあ、中華街はこんな感じですかね」

「どうでしたか、今日1日、ゴミ拾いやったり、それからいろんなお店行ってみましたけど」

「いろんなお店を行きながら、ただその途中でゴミ拾いをするっていう、すごい楽しかったな」

「楽しかったですね、発見もありましたし、ゴミもたくさん拾えましたね」


「じゃあ、今日のゴミのまとめをお願いします」

「中華街でゴミを拾わせてもらいましたけど、タバコのフィルターがすごく多かったね。やっぱり道路の端っこの隠れた所に、たくさんあったなあと。それがね、排水溝から海に行っちゃうということを、多くの人に知ってもらいたいなと思いました。街のゴミが海に行くことを忘れないでもらいたいね」

「ありがとうございました」

\ さっそくアクションしよう /

ひとりでも多くの人に、海のイマを知ってもらうことが、海の豊かさを守ることにつながります。

  • facebookでシェアする
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • Feedlyに登録する
  • noteに書く

海の関連ニュース

ABOUT US

Gyoppy! は、ひとりでも多くの人に、海と海にまつわる人、もの、ことに興味を持ってもらうこと、海の課題に関心を持ち、解決へのアクションを起こしてもらうことで、海の豊かさを次世代へつなぐことを目指します。

TOP