海の豊かさを守ろう gyoppy!

カニのプロが伝授! 手際よいカニの殻のむき方

海といのちの未来をつくる

カニの写真

12月は、あちこちでカニのポスターを見かけることが多くなります。
寒さとともに、カニのおいしい季節がやってきました。

海外から輸入されるカニはオスのみ?!

カニの水揚げの写真

こちらはアラスカの、カゴ漁で漁獲したズワイガニを船に上げる様子です。

カゴ漁でカニを船に上げた直後に、甲羅のサイズを測り、雌雄を選別します。成熟のオスはメスより大きいため、専用のスケールを用い、容易に選別できるのです。例えばアラスカでは甲幅78mm以上、カナダのニューファンドランド島では95mm以上のズワイガニの漁獲のみが認可されています。メスや未成熟のオスは、すぐに海へ返されます。

カニを食べよう

カニ料理には様々なものがありますが、旬の季節にはシンプルに、ゆでて食べるのもいいですよね。
今回は動画と併せて、ハサミを使ったカニのむき方をご紹介いたします。

ボイル済カニ姿のむき方

1.脚を甲羅からはずします。
2.甲羅を開き、エラを取ります。
3.半分に割り、甲羅にカニみそを入れます。
4.肩を節に沿ってカットし、パーツごとに分けます。
5.さらに半分にカットし、肩の肉を取りやすくします。
6.脚を節の部分で折り、殻の両サイドと片側の関節の付け根の部分に切れ目を入れます。
7.肉が殻にひっつかないように指で押さえながら殻をとります。
8.はさみの部分は殻に切り込みを入れ、殻を取ります。
9.肩肉を甲羅の中に入れていきます。
10.最後に細い脚の部分の肉を甲羅に盛ります。

カニはほじって食べるものと思っている方、実はハサミ一つで殻をむくことができるんです。でもカニが大きいと殻が硬いため、力が入りますので、ハサミを使う際は十分にご注意ください。

剪定バサミの写真

カニの殻をカットするにはこのような剪定(せんてい)バサミが一番。
刃の部分が短く、殻をカットするときにしっかりと力が入るので、オススメです。

カニの写真

この冬ぜひ、カニをお楽しみください!

関連記事:タラバガニやズワイガニが増えている場所の秘密(外部サイト)

\ さっそくアクションしよう /

海や魚にまつわること、水産物の世界、魚の味わい方などについて知ることが、海の豊かさを守ることにつながります。

海といのちの未来をつくる(外部サイト)
https://umito.maruha-nichiro.co.jp/

海の関連ニュース

ABOUT US

Gyoppy! は、ひとりでも多くの人に、海と海にまつわる人、もの、ことに興味を持ってもらうこと、海の課題に関心を持ち、解決へのアクションを起こしてもらうことで、海の豊かさを次世代へつなぐことを目指します。

TOP